患者用便器付きベッド兼車椅子

Abstract

【課題】 患者用便器付きベッド兼車椅子を提供する。 【解決手段】 本発明の患者用便器付きベッド兼車椅子は、 −少なくとも四本の脚部で立っている矩形の主フレームと、 −前記主フレームに装着した四つのフレームであって、これらの四つのフレームのうちの上フレーム及び二つの下フレームが主フレームに移動自在に装着されており、中間フレームが主フレームに永久的に固定されており、移動自在の上フレームは患者の上体及び頭部を支持し、二つの移動自在の下フレームは患者の脚部分を支持し、中間固定フレームは患者の臀部を支持し、別のフレームが最下フレームの上に装着されている、四つのフレームと、 −患者をベッドから持ち上げるときに患者の身体を上側に受け入れるため、ベッドの幅に亘って延びる少なくとも七つのストラップ又はネットであって、これらのストラップ又はネットは、一端が主フレームに固定されており、他端が回転可能なバーのアームに連結されており、前記バーは、主フレームの長い方の側部を支持する二つの脚部の間に連結されており、アームを持つ前記バーは回転できる、ストラップ又はネットと、 −ストラップ又はネットを上側に支持するため、及び患者が落下しないようにするため、主フレームの両側に固定された側ガードと、 −患者を持ち上げようとするとき、ストラップ又はネットに載せた患者の身体を持ち上げるための持ち上げ手段であって、バーをそのアームとともに下方に回転し、最終的にはストラップ又はネットを側ガード上で引っ張って患者をベッドから持ち上げて離すように、回転可能なバーの中央アームを持ち上げる、持ち上げ手段と、 −中間フレームの下にヒンジ及びリンクを用いて装着された室内便器であって、室内便器の位置は、前記リンクによって制御され、前記室内便器にはクッションが設けられており、このクッションは室内便器と中間フレームとの間に配置される、室内便器とを含む。 【選択図】 図1

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (6)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2000279454-AOctober 10, 2000Minoru Oshiro, 實 大城自助介護用ベッド装置
      JP-2001017506-AJanuary 23, 2001Teiichi Asano, 禎一 浅野浴槽付ベッド
      JP-2004230004-AAugust 19, 2004Nobutaka Kanai, 信恭 金井Simplified toilet bowl device provided at bed
      JP-2005304602-ANovember 04, 2005Aisin Seiki Co Ltd, アイシン精機株式会社ベッド
      JP-H03210255-ASeptember 13, 1991Takehisa YamashitaBed with electrical water closet
      JP-H1156925-AMarch 02, 1999Masamori Kuniyoshi, 国吉 真盛多目的介護用ベッド

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle